ゆがんだ骨盤をリセットしたい

骨盤矯正でダイエットできる?

産後の骨盤矯正でのダイエットは精神的なもの

 

骨盤は、背骨を支えている大事な骨です。

 

出産する時に赤ちゃんが骨盤は開くのですが、実は出産が近づいてくる時にも、ホルモンの影響で、靭帯や子宮口が柔らかくなり、骨盤にも少し骨の継ぎ目が緩んできますので歪みが起こるのが自然です。

 

要するに少しずつ恥骨結合も開いているのです。骨盤は妊娠から出産するまで微妙に動いているのです。

 

出産後は必ず骨盤は開いてしまうものなのです。

 

その後、「仙骨」も歪むので、骨盤が全体的に広がってしまうのです。骨盤矯正がでダイエットに効果があるかどうかは、精神的な面が多分にあると言われております。
骨盤が開いたままの状態でいると、太りやすい体質になったと錯覚するのは、それによりるストレスだったり、腰痛などの症状を引き起こす要因になったりするからです。

洋ナシ体型から脱却したい

 

女性の出産後は、骨盤が大きく開いてしまいますので、骨盤で支えられていた内臓も下がってしまいます。

 

産後に洋ナシ体型のケースが多く見られますが、骨盤が広がっていると、お尻の周りに脂肪が付きやすくなったり、お尻が垂れてきたりするのは確かですので、産前のスタイルを維持したいという方は、骨盤矯正に努力はしますが、ダイエットとは直接関係ありません。

 

骨盤矯正でダイエット効果があるのではなく、せっかく努力ですので、ついでにダイエットしながら、痩せやすい環境づくりもしましょうと言うことであれば、それに越したことは無いと言おう事です。

 

骨盤のゆがみから生活習慣のゆがみを正す

 

骨盤矯正から本当にダイエットに効果があるのかを考えるよりも、単にゆがんだ骨盤を整えると言うよりも、「骨盤のゆがみ」は「生活習慣のゆがみ」になってしまうkとの方を改善するのが先です。

 

つまり骨盤矯正で体にケアする精神が相乗効果を生み、「生き方のゆがみ」を矯正することに繋がるのです。

 

それにより、前から気になっていた、「ぽっこりお腹」や「体の不調」も改善される場合があり、結果的に骨盤矯正が、私にはダイエット効果があったの声になるのです。

 

歪んでいるのは骨盤ではなく、まずは精神だったのです。

 

ダイエットは意志の強い努力した人だけが報われるようです。